So-net無料ブログ作成

久々にrtmpdump更新など。 [Mac]

radiko録音に使用しているrtmpdumpがどうも不定期に
「暴走 or SIGSEGVでお亡くなり」しているようなので、久々にrtmpdumpを最新版に更新してみる。
で、何がどう更新されたかは↓を真面目に追っかる感じで。
The rtmpdump Archives

まずは、最新sourceをげっと。
$ svn co svn://svn.mplayerhq.hu/rtmpdump/trunk rtmpdump A rtmpdump/rtmpgw.c ~ 省略 ~ A rtmpdump/rtmpsrv.c Checked out revision 548. $ date 2010年 8月11日 水曜日 13時27分06秒 JST $
いつの間にやら548まで上がってますねぇ で、コンパイル ※cpmpileオプションも変更されているので注意!
$ cd rtmpdump $ make SYS=darwin gcc -Wall -DRTMPDUMP_VERSION=\"v2.3\" -DUSE_OPENSSL -O2 -fPIC -c -o rtmp.o rtmp.c ~ 省略 ~ gcc -Wall -o rtmpsuck rtmpsuck.o thread.o -lpthread -Llibrtmp -lrtmp -lssl -lcrypto -lz $
でインストール
$ sudo make SYS=darwin install ~ 省略 ~ cd /usr/local/lib; ln -sf librtmp.0.dylib librtmp.dylib $
で、こんな感じにヘルプメッセージ
$ /usr/local/bin/rtmpdump -help RTMPDump v2.3 (c) 2010 Andrej Stepanchuk, Howard Chu, The Flvstreamer Team; license: GPL /usr/local/bin/rtmpdump: This program dumps the media content streamed over RTMP. --help|-h Prints this help screen. --rtmp|-r url URL (e.g. rtmp://host[:port]/path) --host|-n hostname Overrides the hostname in the rtmp url --port|-c port Overrides the port in the rtmp url --socks|-S host:port Use the specified SOCKS proxy --protocol|-l num Overrides the protocol in the rtmp url (0 - RTMP, 2 - RTMPE) --playpath|-y path Overrides the playpath parsed from rtmp url --playlist|-Y Set playlist before playing --swfUrl|-s url URL to player swf file --tcUrl|-t url URL to played stream (default: "rtmp://host[:port]/app") --pageUrl|-p url Web URL of played programme --app|-a app Name of target app on server --swfhash|-w hexstring SHA256 hash of the decompressed SWF file (32 bytes) --swfsize|-x num Size of the decompressed SWF file, required for SWFVerification --swfVfy|-W url URL to player swf file, compute hash/size automatically --swfAge|-X days Number of days to use cached SWF hash before refreshing --auth|-u string Authentication string to be appended to the connect string --conn|-C type:data Arbitrary AMF data to be appended to the connect string B:boolean(0|1), S:string, N:number, O:object-flag(0|1), Z:(null), NB:name:boolean, NS:name:string, NN:name:number --flashVer|-f string Flash version string (default: "MAC 10,0,32,18") --live|-v Save a live stream, no --resume (seeking) of live streams possible --subscribe|-d string Stream name to subscribe to (otherwise defaults to playpath if live is specifed) --flv|-o string FLV output file name, if the file name is - print stream to stdout --resume|-e Resume a partial RTMP download --timeout|-m num Timeout connection num seconds (default: 30) --start|-A num Start at num seconds into stream (not valid when using --live) --stop|-B num Stop at num seconds into stream --token|-T key Key for SecureToken response --hashes|-# Display progress with hashes, not with the byte counter --buffer|-b Buffer time in milliseconds (default: 36000000) --skip|-k num Skip num keyframes when looking for last keyframe to resume from. Useful if resume fails (default: 0) --quiet|-q Suppresses all command output. --verbose|-V Verbose command output. --debug|-z Debug level command output. If you don't pass parameters for swfUrl, pageUrl, or auth these properties will not be included in the connect packet.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HD 2600 XT終了のお知らせ。 [Mac]

--------- 2011/07/24 追記 ---------
今更だよな。 「Mac Pro (Early 2008):ATI Radeon HD 2600 XT ビデオカードでビデオ画像が歪む、またはビデオが表示されない」  とっくの昔に捨てちゃってるし、GT120とか買ったけど領収書のタグイなんてありゃしません。


あと、今更だけどOS X 10.6.8からMSI R5770 Hawk がFlashごにょごにょとかせずに純正のまま認識されてる。
Lionでも今のところ問題なさげ。旬はとっくの昔に過ぎてるけどw

A.jpg
--------- 2011/07/24 追記 おわり---------

んー、Mac Pro(Early 2008)のHD 2600 XTがとうとうぶっ壊れた。
このボードは結構故障率高いようで...評判が悪いのは知っていたんでけども。
半年くらい前から、rebootするとほぼ100%ブラックアウトしちゃう。
でも、rebootではなくshutdownしてから電源入れなおすとちゃんと
画面が表示されていたので、リモートからsshとかVNCとかでログインして
でだましだまし使っていたんだけど、とうとう何をやっても画面真っ黒っと
言うことで、最近、低性能なGT120を仕方なく購入してみた訳だが...
最近Apple Storeに登場した、↓これなんか見ちゃうと激烈に欲しくなるw
HD 5770 Graphics Upgrade Kit for Mac Pro(Mid 2010)
でも今度のHDは放熱本当に大丈夫なのぉ???って感じ。
HD 2600 XTで通常稼動時でもは90度超えてたしw

Mac Pro(Early 2008)で人柱チャレンジモードの人はいなのかなぁ...
まぁ、そもそも購入したGT120もMac Pro(Early 2008)ではサポート外だけども.
OSx86の人々は結構前からHD 5xxxなディスプレイカードを動かしてるのに...何か残念な感じ。

追記:2010/08/11


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テキストエディットのエンコーディングとか [Mac]

「環境設定」→「開く/保存」→「標準テキストのエンコーディング」が「自動」に設定されている場合
UTF-8なテキストファイルをダブルクリックで開こうととすると、こんな感じ
スクリーンショット(2010-03-31 9.29.10).jpg
どの辺が「自動」なのかと。(エンコーディングリストをカスタマイズとかいぢっても挙動変わらず...)
がっかりな感じで。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

radiko録音その3(Mac) [Mac]

radiko録音(Mac)修正など。
2010/05/29追記: 05/26くらいからradiko.jpに蹴られるのでrtmpdumpのパラメータ(-f 'LNX 10,0,45,2')追加。(RTMPDump v2.2e)
2010/06/03追記: 06/02からradiko.jpにまたまた蹴られる。rtmpdumpのパラメータ(-f 'LNX 10,0,45,2')を指定しても -f を外してもダメダメ。-f '1234(適当な文字列)'でOK! (RTMPDump v2.2e)って...そこまでして純正Apl以外の接続を排除したいのかなぁ。radikoに負荷かけてるようなリトライもしてないのにね。
2010/06/10追記: イタチごっこ。 -s '1234' を追加でok

id3v2をわざわざ使わなくなくてもffmpegでaacやmp3ファイルに「タイトル」とか
「ジャンル」とかを付けられようなのでスクリプトを修正してみた。
iTunesのスマートプレイリスト振り分けが楽になったかも。
※cron登録が長ったらしいけど、こんな感じで.
※portでインストールしたffmpgeg 0.5.1では"アーティスト"設定が"-metadata author=hogehoge"
 となり、svnで持ってきたソースをコンパイルしたffmpgeg SVN-r22687では
 "アーティスト"設定が"-metadata artist=hogehoge"になる。ふむ。面倒だから両方書いとくw

1.スクリプトを配置
  以下のスクリプトをホームディレクトリに置いて、chmod 755 radiko.kshを実行
  radiko.ksh
#!/bin/ksh #----------------------------------------------------------------- # $1:SID (必須) # $2:OFILE (必須) # 任意のファイル名(UTF-8可) # $3:TIME (必須) # 録音時間(分) # # -t "VALUE" (省略可) # タイトル # -a "VALUE" (省略可) # アーティスト # -A "VALUE" (省略可) # アルバム # -g "VALUE" (省略可) # ジャンル #----------------------------------------------------------------- export LANG="ja_JP.UTF-8" export LC_ALL="ja_JP.UTF-8" USAGE=\ "Usage:$0 SID OFILE TIME [-t \"TITLE\"] [-a \"ARTIST\"] [-A \"ALBUM\"] [-g \"GENRE\"]" if [ $# -lt 3 ];then echo ${USAGE} 1>&2 exit 1 fi STA="$1" FBASE="$2" FTIME=0 FTIME=$3 TOUT=1800 #### タイムアウト(秒) CODEC=libmp3lame ####CODEC=libfaac DATE1=$(date +%Y-%m-%d_%H.%M.%S) DATE2=$(echo ${DATE1} | cut -c1-10) YEAR=$(echo ${DATE1} | cut -c1-4) shift 3 while getopts a:g:t:A: opt do case ${opt} in t) TITLE="${OPTARG} ${DATE2}";; a) AUTHOR="${OPTARG}";; g) GENRE="${OPTARG}";; A) ALBUM="${OPTARG}";; *) echo ${USAGE} 1>&2 exit 1;; esac done RDIR="${HOME}/radiko_dat" if [ "${CODEC}" = "libmp3lame" ];then RFILE="${RDIR}/${STA}_${FBASE}_${DATE1}.mp3" else RFILE="${RDIR}/${STA}_${FBASE}_${DATE1}.m4a" fi iTunes_DIR=`find "${HOME}" -name "iTunes に自動的に追加" -type d | grep -vi trash` let FTIME=" $FTIME * 60 + 10" if [ ! -d "${RDIR}" ]; then mkdir "${RDIR}" fi /opt/local/bin/rtmpdump -B ${FTIME} -m ${TOUT} -qvr \ rtmpe://radiko.smartstream.ne.jp/${STA}/_defInst_/simul-stream -f '1234' -s '1234' \ -o - 2>/dev/null | \ /opt/local/bin/ffmpeg \ -metadata author="${AUTHOR}" \ -metadata artist="${AUTHOR}" \ -metadata title="${TITLE}" \ -metadata album="${ALBUM}" \ -metadata genre="${GENRE}" \ -metadata year="${YEAR}" \ -y -i - -vn -acodec ${CODEC} -ar 44100 -ab 196608 -ac 2 "${RFILE}" > /dev/null 2>&1 cp "${RFILE}" "${iTunes_DIR}" if [ "$?" = "0" ]; then rm -f "${RFILE}" fi
※"iTunes_DIR"はスクリプト内でホームディレクトリ下の”iTunes に自動的に追加"ディレクトリを  探して設定してますがiTunesの設定で「環境設定 → 詳細 "iTunes Media"フォルダの場所」を  ホームディレクトリ下以外に設定変更している場合は、スクリプトの"iTunes_DIR"を  ベタで書き換えてください。 2.cron登録 例) ・毎週火曜1:00からTBSラジオをファイル名"TBS_ijuin_YYYY-MM-DD_hh.mm.ss.xxx" として120分録音(xxxは"CODEC=libmp3lame"の場合mp3、CODEC=libfaacの場合":m4a) ・毎週月~金曜13:00からTBSラジオをファイル名"TBS_kirakira_YYYY-MM-DD_hh.mm.ss.xxx" として150分録音(xxxは"CODEC=libmp3lame"の場合mp3、CODEC=libfaacの場合":m4a)
0  1 * * 2  ~/radiko.ksh TBS ijuin 120 -t "深夜の馬鹿力" -a "伊集院光" -A "TBSラジオ" -g "ラジオ" >/dev/null 2>&1
0 13 * * 1-5 ~/radiko.ksh TBS kirakira 150 -t "キラ☆キラ" -a "小島慶子" -A "TBSラジオ" -g "ラジオ" >/dev/null 2>&1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

radiko録音その2(Mac) [Mac]

radiko録音(Mac)を少しだけ使いやすくしてみた。

1.スクリプトを配置
  以下のスクリプトをホームディレクトリに置いて、chmod 755 radiko.kshを実行
  radiko.ksh
#!/bin/ksh #----------------------------------------------------------------- # $1:ID # $2:任意のファイル名(ja_JP.UTF-8可) # $3:録音時間(分) #----------------------------------------------------------------- export LANG="ja_JP.UTF-8" export LC_ALL="ja_JP.UTF-8" STA="$1" FBASE="$2" FTIME=0 FTIME=$3 RDIR="${HOME}/radiko_dat" RFILE="${RDIR}/${STA}_${FBASE}_$(date +%Y-%m-%d_%H.%M.%S)" iTunes_DIR=`find "${HOME}" -name "iTunes に自動的に追加" -type d | \ grep -vi trash` TOUT=1800 #### タイムアウト(秒) let FTIME=" $FTIME * 60 + 10" if [ ! -d "${RDIR}" ]; then mkdir -p "${RDIR}" fi /opt/local/bin/rtmpdump -B ${FTIME} -m ${TOUT} -qvr \ rtmpe://radiko.smartstream.ne.jp/${STA}/_defInst_/simul-stream -f '1234' -s '1234' -o - \ 2>/dev/null | \ /opt/local/bin/ffmpeg -y -i - -vn -acodec libfaac \ -ar 44100 -ab 131072 -ac 2 "${RFILE}".aac > /dev/null 2>&1 /opt/local/bin/MP4Box -add "${RFILE}".aac -new "${RFILE}".m4a ## cp -p "${FILE}".mp3 "${iTunes_DIR}" cp "${RFILE}".m4a "${iTunes_DIR}" if [ "$?" = "0" ]; then rm -f "${RFILE}".aac "${RFILE}".m4a fi
※"iTunes_DIR"はスクリプト内でホームディレクトリ下の”iTunes に自動的に追加"ディレクトリを  探して設定してますがiTunesの設定で「環境設定 → 詳細 "iTunes Media"フォルダの場所」を  ホームディレクトリ下以外に設定変更している場合は、スクリプトの"iTunes_DIR"を  ベタで書き換えてください。 2.cron登録 例) ・毎週火曜1:00からTBSラジオをファイル名"TBS_深夜の馬鹿力_YYYY-MM-DD_hh.mm.ss.m4a" として120分録音 ・毎週月~金曜13:00からTBSラジオをファイル名"TBS_キラ☆キラ_YYYY-MM-DD_hh.mm.ss.m4a" として150分録音
0 1 * * 2 ~/radiko.ksh TBS "深夜の馬鹿力" 120 > /dev/null 2>&1 0 13 * * 1-5 ~/radiko.ksh TBS "キラ☆キラ" 150 > /dev/null 2>&1

※cron登録にマルチバイト文字はどうかと思うが、問題なく動くので良しってことで。
 でも、GUIベースのcron編集アプリ(CronniX)が使えないみたい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

radiko録音(Mac) [Mac]

2011/03/22追記
以下「radiko録音(Mac)」、「radiko録音その2(Mac)」、「radiko録音その3(Mac)」の内容ではradikoに
繋がりません。最新はこちらです。⇒ 「radiko録音その4(Mac)



おっ、rtmpdumpがOS X(10.6.2)で問題無く動くようなので
TBS JUNK 伊集院録音用でテストwww
2010/03/17追記: iTunesに自動登録とか追加
※"iTunes_DIR"はスクリプト内でホームディレクトリ下の”iTunes に自動的に追加"ディレクトリを
 探して設定してますがiTunesの設定で「環境設定 → 詳細 "iTunes Media"フォルダの場所」を
 ホームディレクトリ下以外に、設定変更している場合は、スクリプトの"iTunes_DIR"をベタで
 書き換えてください。

2010/03/20追記: radiko録音(Mac)を少しだけ使いやすくしてみた。
2010/03/23追記: mp3ファイルに"タイトル、アーティスト、アルバム"を追加(要 sudo port install id3v2)
2010/03/24追記: おっ、頑張っている方がおられます。GUIのradiko録音 radikoro(ラジコロ)
※10.6.2ではまだ問題があるようす。
2010/03/26追記: iTunes登録などの修正追加(※←基本、こちらが最新! 快適に運用中w)
2010/04/08追記: 昨日のradikoメンテでプロトコルが変わったもようー rtmp → rtmpe
2010/04/09追記: タイムアウトをデフォ2分から30分に変更しちゃう(試験放送メンテ時の切断対応な感じでw)
2010/06/03追記: -f 'LNX 10,0,45,2'が蹴られるし。 -f '1234' (適当な文字列)に変更すればOK
2010/06/10追記: イタチごっこ。 -s '1234' を追加でok


【安上がり設定メモ】
1.rtmpdumpの最新ソースゲット&コンパイル(要Xcode)

# svn co svn://svn.mplayerhq.hu/rtmpdump/trunk rtmpdump
# cd rtmpdump
# make posix
# cp -p rtmpdump /usr/bin
# ffmpegを/usr/bin辺りに置いておく(PMSを導入しているのでそちらのffmpegを流用)

※PMSにセットで入っているffmpeg(staticバイナリ)は"libmp3lame"や"libfaac"が
 使えなかったので
# port install ffmpeg が必要かも

2.radiko接続スクリプトTBS.ksh(例:TBSに接続しflv形式でDL開始 → 7210秒後に終了 → flvからaacで抜き出し → 抜き出しがうまくいたったらflvファイルを削除)
→ flvから音声をmp3に変換 → iTunesライブラリにに登録(※AAC v4ではiTunesに登録できないのでmp3形式に変更してみた)

(1)/Users/hogehoge/TBS.kshの内容(flv→mp3→iTunes登録の場合)
#!/bin/ksh

export LANG="ja_JP.UTF-8"
export LC_ALL="ja_JP.UTF-8"

FBASE="JUNK伊集院光 深夜の馬鹿力"
TOUT=1800 #### タイムアウト(秒)
#### mp3 id
TITLE="${FBASE} $(date +%Y年%m月%d日)"

ARTIST="伊集院光"
ALBUM="JUNK"

TITLE=`echo "${TITLE}" | iconv -f UTF-8 -t CP932`
ARTIST=`echo "${ARTIST}" | iconv -f UTF-8 -t CP932`
ALBUM=`echo "${ALBUM}" | iconv -f UTF-8 -t CP932`

FUSER="hogehoge"

#### DL秒数
FTIME="7210"

DATE=`date +%Y%m%d`
FILE="/Users/${FUSER}/${FBASE}_${DATE}"

#### iTunes自動登録のためのコピー先ディレクトリ名(要iTunes 9.X)
iTunes_DIR=`find "${HOME}" -name "iTunes に自動的に追加" -type d |grep -vi trash`

rtmpdump -B ${FTIME} -m ${TOUT} -qvr \
rtmpe://radiko.smartstream.ne.jp/TBS/_defInst_/simul-stream -f '1234' -s '1234' -o - 2>/dev/null | \
ffmpeg -y -i - -vn -acodec libmp3lame -ac 2 -ar 48000 \
-ab 131072 -f mp3 "${FILE}".mp3 >/dev/null 2>&1

#### mp3 id
id3v2 -t "${TITLE}" -a "${ARTIST}" -A "${ALBUM}" "${FILE}".mp3

## cp -p "${FILE}".mp3 "${iTunes_DIR}"
cp "${FILE}".mp3 "${iTunes_DIR}"

if [ "$?" = "0" ]; then
    rm -f "${FILE}".mp3
fi

(2)ついでにMP4コンテナ化とか
/Users/hogehoge/TBS2.kshの内容(flv→aac→m4a→iTunesの場合)
※要mp4box
   http://www.tkn.tu-berlin.de/research/evalvid/からmp4boxをDL

#!/bin/ksh

export LANG="ja_JP.UTF-8"
export LC_ALL="ja_JP.UTF-8"

FBASE="JUNK伊集院光 深夜の馬鹿力"
TOUT=1800 #### タイムアウト(秒)
FUSER="hogehoge"

#### DL秒数
FTIME="7210"

DATE=`date +%Y%m%d`
FILE="/Users/${FUSER}/${FBASE}_${DATE}"
 

#### iTunes自動登録のためのコピー先ディレクトリ名(要iTunes 9.X)
iTunes_DIR=`find "${HOME}" -name "iTunes に自動的に追加" -type d |grep -vi trash`

rtmpdump -B ${FTIME} -m ${TOUT} -qvr \
rtmpe://radiko.smartstream.ne.jp/TBS/_defInst_/simul-stream -f '1234' -s '1234' -o - 2>/dev/null | \
ffmpeg -y -i - -vn -acodec libfaac -ar 44100 -ab 131072 \
-ac 2 "${FILE}".aac > /dev/null 2>&1
MP4Box -add "${FILE}".aac -new "${FILE}".m4a

## cp -p "${FILE}".mp3 "${iTunes_DIR}"
cp "${FILE}".m4a "${iTunes_DIR}"

if [ "$?" = "0" ]; then
    rm -f "${FILE}".aac "${FILE}".m4a
fi


3.cronに2.のシェルスクリプトを登録(毎週火曜1時に実行)
crontab -e なviでの編集が面倒! とか各フィールドの意味がワカンネ! と言う方は
便利なGUIベースのcron編集アプリ(CronniX)を使うと良いかもです。

0 1 * * 2 /Users/hogehoge/TBS.ksh > /dev/null 2>&1

上記の設定で火曜1:00AMに録音を開始し、7210秒後(2時間10秒後)に終了し、iTunesライブラリに自動登録
※ 2時間+radikoのタイムラグ(適当に10秒ってことで)

その他: TBS キラ☆キラ(2時間30分)でためしたところflv→mp3変換に5分29秒、ファイルサイズ144MByte
んー、時間かかりすぎ、ファイルでかすぎっ!!、ffmpegのパラメータは要調整ってことで....
(AACのままなら54MByte程度)
参考URL:iTunes 9:「iTunes に自動的に追加」フォルダについて
参考URL:Linuxでの録音方法

Audio Hijack Proを使ってる人はこちらの方が詳細な設定を書かれていますので、そちらを参照
参考URL:http://desireforwealth.com/diary/201003_radiko_audio_hijack.shtml
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

今更MacのWOLとかsleepとか [Mac]

ThinkPadの場合、リモートからWOLを使って起こすにしてもshutdownするにしても楽なんだけど
Macの場合sleepモードからのWOLにしか対応していない...なんか嫌な感じ...
とは言えリモートからの操作はやっぱ楽なので、超手抜きな設定など
基本は全てThinkPad T60から操作する。

<Mac本体設定>
1. 「システム環境設定」→「省エネルギー」→
  「Ethernet ネットワークアクセスによってスリープ解除」にチェックを入れる。
2. 「システム環境設定」→「共有」→「サービス」の「リモートログイン」に
  チェックを入れる。

<WOL>
 WOL.exeをbatファイルに組み込むとか、GuiWakeOnLanなんかをThinkPad T60に突っ込んで
  そこからWOLパケットを投げてMacを起こす。

<sleep>
1. Mac にシェル・スクリプトを2本配置
 (1) Macをsleepさせるスクリプト本体
  /usr/local/sbin/ssleep
#!/bin/ksh
sleep 5
osascript -e 'tell application "System Events"' -e 'sleep' -e 'end tell'

 (2) (1)のスクリプトをnohupかつバックグラウンドでキックして速攻終了するスクリプト
  /usr/local/sbin/syssleep
#!/bin/ksh
nohup /usr/local/sbin/ssleep >/dev/null 2>&1 &
exit

 (3)実行権とか
# cd /usr/local/sbin
# chmod 755 ssleep syssleep

2. sudo パスワードなし実行設定
 上記のスクリプトをsudoコマンドパスワードなしで
 root権実行(※1)させるためsudo設定ファイルに以下を追加
  /etc/sudoers
hogeuser ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/local/sbin/syssleep

  ※1 sleepさせようとするMacに一般ユーザーがGUIログインしていない(Login画面の状態)
     まはた他のユーザーがGUIログインしている場合に、sleepさせるにはrootで実行する
     必要がある。

3. Teratermマクロの設定
 ThinkPad T60からssh2でMacに対して一般ユーザ
 (/etc/sudoersに登録したユーザ:例ではhogeuser)でloginし、
 マクロ内からsudoして/usr/local/sbin/syssleepをキックする。
 以下のマクロは最初だけユーザー名、とパスワードを聞かれ、2回目以降は聞かれない。
 (暗号化されてファイルに保持される。)
  sleep Mac.ttl
show 0
hostname = '192.168.1.233'
getpassword 'C:\Program Files\teraterm\myserver.dat' 'UserName' myname
getpassword 'C:\Program Files\teraterm\myserver.dat' 'Password' mypassword
conn_str = hostname
strconcat conn_str ':22 /ssh /2 /auth=password /user='
strconcat conn_str myname
strconcat conn_str ' /passwd='
strconcat conn_str mypassword
connect conn_str
wait '@MBP'

sendln 'sudo /usr/local/sbin/syssleep'
sendln 'sleep 2'
sendln 'exit'

4. Teratermマクロ実行(sleep実行)
"C:\Program Files\teraterm\ttpmacro.exe" "C:\ctrl\sleep Mac.ttl"

これで、ようやくMacがsleepします。
がぁ、Mac設定「セキュリティ設定」→「一般」の
「スリープの後、またはスクリーンセーバが開始した後XXXXパスワード要求」に
チェックが入っていて、Macにパスワードロックがかかった状態の場合は
どう頑張ってもsleepしませんでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Snow Leopard のsshd設定とか [Mac]

なんで、こんなトコロをわざわざ変えてしまうのか知らないけど
Snow Leopardではteratermからsshで接続しにいくと、プレインテキストの
ユーザ+パスフレーズではloginできやしません。
チャレンジレスポンス認証なんて、うざいのでLeopardまでの認証方式に設定を
戻しちゃいましょ

/etc/sshd_configファイの以下の行を変更しちゃいましょう。(rootゆーざで書き換えてね)
【変更前】 #PasswordAuthentication no
【変更後】 PasswordAuthentication yes

これで今までどーり でloginできます。すっきり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Apogee Duet Maestro Software のupdateとか [Mac]

Duet.jpg
最近、殆ど使用することの無くなったDuetですが一応、Snow Leopard対応版ソフト「Duet Update September 2009 」にupdateしてみた。
がMaestroが起動しねー。あーもー嫌

と、思ったら、先にupdateしたSoundflowerの更新が失敗していて、その影響で
Duet Update September 2009もしくじっていた模様ってことで...
SoundflowerをuninstallしてDuet Update September 2009適用でMaestroも無事起動するよになった。

※SoundflowerはAudio Hijack Proの「Audio Hijack Pro」→「Install Extras...」から
 「Soundflower」を選択し、「install」するとエラーを出さずに更新できた。
めんどくさー

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。