So-net無料ブログ作成

Snow Leopard を突っ込んでみた [Mac]

Mac OS X 10.6 Snow Leopard ファミリーパックを
3台に突っ込んでみた。

1.Mac Pro Early 2008 (MA970J/A)
2.MacBook Pro Early 2008 (MB133J/A)
3.Mac mini (MA205J/A)改

<インストールとか>
ファミリーパックのDVDメディアを旨く読み込めない問題も出ているらしいので
少し心配したが、特に問題無くMac ProMacBook Proにはインストール終了
(思いのほか時間がかかったような...)

で、インストール中に困ったのがMac mini
Mac miniは普段、完全にファイルサーバーとして使用しているため
ディスプレイもキーボードもマウスも、とっ外してある。
Snow Leopardのメディア自体をMac miniに突っ込んで、あとは
Mac ProからApple Remote Desktopでインストールを実行したのだけれど...
インストール途中で一回rebootが入った直後に
「キーボード」と「マウス」を探しに行くらしく、インストールが中断してしまう。

※1. 当然、この状態ではApple Remote Desktopからアクセスできません。
※2. Apple Remote Desktopからアクセス出来ないのでMac miniにディスプレイを繋いだら
   「キーボードとマウスを繋げろ!!」 みたいない画面が出ていた(笑)

結局、どっかに埋まってしまったキーボードとマウスを接続したら、中断していた
インストールが再開し、1時間後くらいに無事終了した。

<インストール後>
1. iStatが起動しない
  → これは仕方が無いらしい...

2. MacBook ProでQuickime Player 10から内蔵iShghtの動画を録画
 しようとした場合に 解像度が指定できない。(640x480固定?)
  ※内蔵iShghtの録画で1024X768を使いたければ、インストールのオプションで
   QuickTime 7(7.6.3)を入れて、こっちを使えばOKらしい(未検証)

3. Javaは「Java SE 6」のみかい!!
  → Java SE 5、J2SE 1.4.2が消し去られてるじゃん!
  もともとPMSはJSE 1.5を前提としているので、Java SE6でPMSを動かすと
  サムネの大部分が表示できないし!!、mp4とかの再生はおかしくなるし..あぁ残念
  痛い痛すぎる...
  ※AppleのサイトからJava SE 5のpkg持ってきて無理やり入れようとしたら
   「10.5 じゃないからダメー」と叱られて終了...何か良い方法はないものか....

4. sshのデフォ認証が変更されたっぽい(sshd_configとか見てないけど)。
   teratermから今までどーりsshで接続しにいくと、プレインテキストの
   ユーザ+パスフレーズではlogin出来ず...
   → チャレンジレスポンス認証でlogin OK
ここをいぢれば今までどーり、ユーザ+パスフレーズではlogin OK
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。